「名前しか知らなかった音楽」

あるバンドの名前と音だけしか知らないまま、三年ぐらいの月日が流れたことがあります。

当時小学生だった私は、音楽には興味がなく、やることと言ったらゲームしたり、友達と遊んだり、適当に時間を潰し(勿論楽しかったですけど)過ごしていました。

そんな中、母親が運転する車内のカーステレオから突然流れてきた音楽に衝撃を受けてからというもの、少ないお小遣いを貯金してその音源を購入し、テープに録音して、いろんな場所でその音楽を楽しみました。

その時、まだネットに疎かったというのもあり、深夜に録画したオリコンチャートでほんの少しだけ流れてるプロモーションビデオしか見ることが出来ず、巻き戻しては再生を繰り返していました。

それから三年後、中学生になった私は、そのバンドのライブ DVDを買ってきて初めてライブ映像を鑑賞しました。

その時感じた、こみ上げてきた熱量みたいなものは忘れません。

ギラギラと光る照明を受けて汗まみれで「自分が名前しか知らなかった音楽」をドデカい会場で演奏する姿。

その音楽に熱狂する観客。映像を見たその時、確かな言葉で「俺もこうなりたい」とつぶやきました。

その後、エレキギターを買ってもらってから毎晩毎晩弾き続け、社会人になった今でも弾き続けています。

ギターを通して出会った友達。過ごした時間。今でもそれは自分の中で輝き続けております。

ギターを弾き続けてよかったと思っています。

今は欲しいエレキギターがあるのですが、エレキギターおすすめというサイトに掲載されているギブソンのレスポールタイプのエレキギターです。

今度のボーナスが出たら購入しようと思っています。